心身を鍛える新聞配達のアルバイト

心身を鍛える新聞配達のアルバイト

アルバイトを経験を通じて知った接客業の楽しさ

学生の頃、あるハンバーガーチェーン店でアルバイトをしていました。接客業務でした。注文を聞き、レジを打ち、商品を並べて手渡すというのが基本の作業です。そのアルバイトをするまで私は接客業についてあまり知らず、どちらかといえば苦手意識を持っていました。自分は人見知りをする方だと思っていたので、直接お客さんとやり取りするより裏方の方が落ち着いて仕事ができると思っていたのです。ですが、このアルバイトをきっかけに接客業の楽しさを知りました。直接「ありがとう」という言葉が聞けるのが、本当に励みになったからです。

長く働いていると接客業にもすっかり慣れ、顔見知りのお客さんもでき、楽しくなってきました。レジカウンターを離れ、客席を回ってお客さんに対してより細かいサービスを行う業務を任されました。小さい子供たちと接する機会も増えました。自分の目の前でお客さんが楽しそうに食事をする姿を見ているのが好きでした。

その後、大学を卒業した私は営業職に就きました。事務職より、お客さんと直接やりとりできる仕事を希望したのです。仕事をする醍醐味は、自分の仕事が人に喜ばれていると感じたときだと思っています。そんな風に自分の進路がはっきりしたのは、あのアルバイトでの経験があったからこそだと思っています。