心身を鍛える新聞配達のアルバイト

心身を鍛える新聞配達のアルバイト

花屋でアルバイトしていた私

私は花を愛する祖母と一緒の家で暮らしたので、昔から花というものが身近な存在でした。母はそれほど好きなようには見えませんでしたが、祖母は毎日庭の手入れをするほど花中心の生活をしていたものです。そんな祖母の影響あってか、私もかなりの花好きとして成長しました。そのため学生の頃初めてアルバイトとして働いた場所は花屋でした。昔ながらの花屋とは違い、プリザーブドフラワーや雑貨、それにアンティーク煉瓦など生花だけではなく、ほかのものも沢山売っているお洒落な店でしたから、興味はかなり広がりました。

勿論花は今も大好きですし、当時も花屋として影響していましたから花と生活することに違いはありません。しかし花屋というのは雑貨や庭仕事とつながっている世界ですから、花と一緒に置く庭雑貨や、ブーケの中に添えるハンドメイド雑貨などにも興味がわきました。庭つくりにも興味がありましたから、庭師の資格を取りましたし、花を飾る花器の下に敷くレース編みの資格も取りました。つまり花屋で働いてから私は沢山の趣味と知識が増えたのです。勿論花の知識も増えましたし、実家と同じようにいま私の家には沢山の花が植えられています。しかしそれ以上に花屋で得たこと、つまり花から派生した世界というのは今の私を作っていると言っても過言ではありません。

人というのは興味が一つにとどまるのではなく、いろんな世界に広がるものだということを実感している所なのです。