心身を鍛える新聞配達のアルバイト

心身を鍛える新聞配達のアルバイト

アルバイトで働く楽しさを知る

アルバイトに取り組んだことによって、働く楽しさを知ることが出来ました。初めてアルバイトに取り組んだのは、大学生となった時です。実家から通っていたので、食べることに関しては、親を頼っていました。しかし自身で使用するお金に関しては、自分で稼ぐことにしたのです。そこで私は人生で初のアルバイトにチャレンジすることにしました。私が選んだのは、徒歩圏内で通勤可能なスーパーの商品補充業務です。やはり自宅から徒歩圏内というのが気に入ったことで決めました。

例えばお菓子や日用品など、色々な商品を補充していきます。それも単純に補充するという訳ではなく、お客様に取り易い配置まで考える必要があったのです。当初は先輩からの指示で動いていましたが、仕事に慣れてくると自分で考えて動くようになり、一歩先を呼んで行動できるようになっていたのです。ですから忙しい時であっても、冷静に仕事に取り組めていました。また大学4年生になった時は、商品補充の業務におけるアルバイトリーダーとなり、後輩の指導についても積極的に行っていました。私はこのアルバイトを通して、自分で動くことの大切さやもちろん、仕事を連携して行う楽しさを知ることができました。